信仰とは、望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認することである。 ヘブル人への手紙第11章1節

集会案内

中学・高校生科 9:00-10:00

小学科 10:00-10:25

乳幼児クラス

水曜日祈祷会 7:30

毎日がクリスマス

Mon Feb 19 05:06:19 JST 2018

1

ものみの塔・統一教会・又反社会団体/カルト/支那/朝鮮教会とは全く関係ありません

企救バプテスト教会


日本バプテスト連盟


joshua39@hi3.enjoy.ne.jp

093-963-2935(教会)

093-963-8757(牧師)

北九州市小倉南区徳力6-10-6


牧師 原 田 義 也


週 報: 2018年2月18日 NO.2196
教会1703

今週もよろしくお願いいたします。


天の歴程

天路歴程を読んでみよう・おまけつき 111

(天の都の門を目前にしながら、川の水 に沈んでいくクりスチャンを励ます待望さんの言葉が続きます)「あな たが この水の中で経験している苦しみや悩みは、神があなたのことを忘れ てし まったというしるしではありません、これらの苦しみや悩みはあなた を試す ために送られているのです、それは、あなたがこれまでに受けた神の 恵み を思い起こし、あなたが今経験している苦しみの中で、神に信頼する かど うかを見るためのものです」。

そこで、クリスチャンはしばら くの 問、思いを 巡らしていました。さらに、待望さんが言葉を加えて、「元気を出し なさい、 イエス・キリストがあなたを健やかにしてくださるのですから」と言 うと、クリ スチャンは大声で畷びました、「おお、私は彼を再び、見ている!そし て、 彼は私に言ってくださっている『あなたが水の中を通り過ぎる時、私 はあな たと共にいるであろう。川を渡っていく時、それらはあなたの上にあ ふれる ことはないであろう』」つづく。

高村新一訳注の学生向けの対 訳(南 雲堂)を参考にして、読み進めている『天路歴程』です。天の都を目前 にし ながら、川の水に、苦しみに沈み込んで行くしかないのかないのかと 思わ れたクリスチャンですが、待望さんの励ましの言葉によって、イエ ス・キリス トの姿を再び見、イエス・キリストの言葉を聞いています。これ以上 の慰め、 希望は他にはありません。この先はもう!今回のおまけも1895年にフィ ラデルフィアで出版された若者向けの『天路歴捌、に載せられている 41 点の挿絵の申からの一つになります。モノクロの作品で、クりスチャ ンがそ の旅の途中で十字架を見つめている姿が描かれています。(原田 義也)




神をほめたたえて

日曜礼拝プログラム
programはお休み