信仰とは、望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認することである。 ヘブル人への手紙第11章1節

集会案内

中学・高校生科 9:00-10:00

小学科 10:00-10:25

乳幼児クラス

水曜日祈祷会 7:30

毎日がクリスマス

Mon Jul 16 03:39:37 JST 2018

1

カトリック・ものみの塔・統一・各社会団体・カルト・及び、支那・朝鮮の教会とは全く関係ありません

企救バプテスト教会


日本バプテスト連盟


joshua39@hi3.enjoy.ne.jp

093-963-2935(教会)

093-963-8757(牧師)

北九州市小倉南区徳力6-10-6


牧師 原 田 義 也

週 報: 2018年7月15日 NO.2197
教会1724

今週もよろしくお願いいたします。

神をほめたたえて

日曜礼拝プログラム
programはお休み
|

企救国物語

平文さん(Dr.ヘボン)と聖書の旅・13

平文さんと山本牧師の『聖書辞典』をガイけックに聖書の旅を進め てい                      ア ます。前回の項目まで、人名や地名がカタカナで並んでいました。 四文字 以上のカタカナは読み闇違えたりしがちですが、今回の項目は、三 文字で す。そして、人名でも地名でもありません。さて、ここで問題で す。そんな今 回の項自は、な一んだ?のんびりクイズしている場合じゃないよ、 旅を先 に急がなきゃ!という方もあるでしょうか、油を売つてる場合じゃ ないよ! そう、正解は「アブラ(油)」です。図版はありませんので、ときあ かしをその まま全文引用します、rヘブル人は撤檀及び香料より油をとれり(出 廿五ノ 六。申廿八ノ四十云々)其用法は食物を調理すること(王上十七ノ十ニー 十五)馨しき者として頭髪(かしらのけ)髭髪(ひげ)及び体に膏(ぬ) ること (母後十四ノニ。詩廿三ノ五。路七ノ四十六)燈火として燈すこと (出廿七ノ 廿。太五ノ三)薬として用ゆること(可六ノ十三。奏一ノ六〉死人の 屍にぬる こと(太廿六ノ十二。路廿三ノ五、六)王及び祭司を其位又は其職に 就ると き其頭に油を沃(そそ)ぐこと(母前十ノー。利八ノ十二)供物に注ぎ 又は和 (まぜ)ること等なり(出廿九ノ四十。利五ノ十一)聖書に於ては油を 以て喜、 楽又は聖霊の人に授る恩(めぐみ)と徳のしるしとなせり(詩四十五 ノ七。 太廿五ノ三。約壷ニノ廿、廿七)」。最後の聖書個所をロ語訳で、 「あなた がたのうちには、キリストからいただいた油がとどまっているの で、だれに も教えてもらう必要はない。この油が、すべてのことをあなたがた に教える。 それはまことであって…(ヨハネの第一の手紙第2章27節)」。摂り過ぎを 心酪することのない油です。アブラの次は?旅は続きます。