信仰とは、望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認することである。 ヘブル人への手紙第11章1節

集会案内

日曜礼拝 10:30-11:30

中学・高校生科 9:00-10:00

小学科 10:00-10:25

乳幼児クラス

水曜日祈祷会 7:30

毎日がクリスマス

Tue Mar 19 09:08:08 JST 2019

653
 

カソリツク・ものみの塔・統一教会・反社会・カルト・グローバリズム(共産,社会)とは全く関係ありません

企救バプテスト教会


日本バプテスト連盟


joshua39@hi3.enjoy.ne.jp

093-963-2935(教会)

093-963-8757(牧師)

北九州市小倉南区徳力

6-10-6


牧師 原 田 義 也

週 報 2019年3月17日 NO.2232 教会1759

神をほめたたえて

日曜礼拝プログラム
programはお休み
|

企救国物語

平文さん(Dr.ヘボン)と聖書の旅・49

平文さんと山本牧師の『聖書辞典』をガイドブックに聖書の旅を進めてい ます。前回は「キリ」の項目をたどりました。春は、霧がかかることも多いで しょうか。そんな時、先が見えなくて不安になりますが、今回は、「キリ」の 先、霧が晴れたということで、歩みを進めていきましょう。今回の最初の項 目は、「キル」です。これは、「石垣」という意味の地名です。ときあかしは、 このようになっています、「アッスリヤの王がダマスコの民をとらえ移せし所 の邑(まち)の名なり(王下十六ノ九)是(この)邑はメデヤの國にありしなら んと思ふ人あり、されど何(いつれ)の虚(ところ)にありしや詳(つまびら か)ならず…」となっています。霧の中に入ってしまったようです。行き先が 見えなくなってしまいました。霧が晴れるのを待ちましょう。次の項目は、 「キルパレス」1ダジャレのようになってしまいましたが、これも地名で、、 「瓦の城」という意味です。ときあかしは、「又の名をキルパレステと云(い ふ)死海より東南の方へ十哩離れたる虞にありしモアブの國の堅固なる邑 なり今は其名をコラと云(王下三ノ廿五。養十六ノ七、十一。十五ノー。耶 四十八ノ帰一、辮六)」です。続いての項目は、「キン(黄金)」です。これに ついては、ときあかしの必要はないでしょう。ちなみに、聖書で最初に、「キ ン(黄金)」のことが記されているのは、創世記第2章11節です。次の項目 を今回の旅の項目の最後としましょう、その項目は、「キンネレテ」です。と きあかしは、「ガリラヤの海を見るべし又湖水の岸にありしナフタリの支派 (わかれ)にぞくせし邑なり後其名をゲ子サレと云り」となっています。一つ の場所に、いくつもの呼び方があるのも面白いところです。(原田義也)